第三者評価/CNS第三者評価推進室 【東京都福祉サービス第三者評価機関】

第三者評価研究所の事務局であるCNSが東京都の第三者評価機関となりました。効果的な評価を実施します。保育園、障害(入所、通所)、高齢,介護施設など気軽にお問い合わせください。info@cnsi.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護サービスの情報の公表 調査員養成講座

本日介護サービスの情報の公表 調査員養成講座の講師を務めさせて頂きます。

コミュニティケア研究所が千葉県より委託された事業で、
50名以上の方が参加されるそうです。

公表情報の内容
すべての事業所に関する調査結果のすべてを公表する。
調査員が客観的事実に基づき調査した結果を正確に反映する。
内容の正確性を前提としつつ、利用者にとってわかり易いものとする。
公表の方法
要介護高齢者等である利用者の事業所選択に、適切に結びつく方法とすることが必要です。

インターネットにより開示
事業所内への掲示
重要事項説明書への添付
など多様な方法を用意する。


対象になる事業所 (平成19年度)
以下の介護サービスを提供する、前年度の介護報酬(売り上げ)が100万円以上の事業所はすべて調査の対象となります。

居宅介護支援
訪問介護
訪問入浴介護
訪問看護
通所介護
特定施設入所者生活介護
福祉用具貸与
介護老人福祉施設
介護老人保健施設
訪問リハビリ
通所リハビリ
介護療養型医療施設

考え方が今後の事業所を変える
公表制度を上手に活用することにより、事業所の運営を適切に行われているかをチェックすることが出来ます。また、利用者からの信頼獲得につながり、事業所の継続的な発展に役立ちます。

事業所の業務内容を点検する
必要なマニュアルを整備する
管理者とサービス提供スタッフの風通しを良くする
介護サービスの改善につなげる
利用者・家族の信頼を獲得する
事業所のイメージアップをする
事業所の発展につなげる

などなど

基本事項をきっちりと押さえていただけるように
臨場感のあるものにします。

スポンサーサイト

介護サービス情報の公表・調査員養成研修

介護サービス情報の公表・調査員養成研修のご案内

1.目的 千葉県介護サービス情報公表の公表調査実施に当たり、調査員を養成するために以下により研修を実施します。

2.主催 特定非営利活動法人コミュニティケア研究所(CCI)

3.日時 2008年6月19日(木) ~ 6月24日(火) 6月22日(日)は休み

4.会場 千葉県労働者福祉センター3階会議室 (6月24日のみ4階会議室)

5.受講定員 60名

6.受講対象者

 千葉県指定の介護サービス情報公表調査機関に所属し、調査員になることが予定されている者。

7.受講料等 20,000円(テキスト代含む)

8.申込み締め切り   6月10日(火) 17時必着


※ その他、ご不明な点がありましたら、気軽にお問い合せ下さい。
福祉サービスの情報の公表、第三者評価についてのお問い合せはこちら

http://www.cnsi.co.jp/contact.html

組織診断、研修、人材育成など気軽にお問い合せ下さい。



テーマ:福祉のお仕事 - ジャンル:福祉・ボランティア

第三者評価項目を活用した組織(個人)自己診断と解決策

第三者評価を受審しなくとも、第三者評価を受審した以上に組織を活性化することができる。

それは、第三者評価受審前準備で行う、全職員の自己評価とその意義の浸透だ!

これを怠ると本末転倒な結果をうみ、第三者評価を受審するために繕った自己評価や装った面談調査を受けるということになる。

これを払拭するために行うのが、個々の組織ではできない研修で、費用対効果のある保育連盟全体を対象としたオリジナル第三者評価項目を活用したソリューション提供型のものである。

参加者の感想や意見を紹介する。


研修テーマ:
第三者評価項目を活用した組織(個人)自己診断と解決策


研修で印象に残った一言

第三者評価制度、評価する自分というあり方がわかりやすかった。
第三者評価から弱みを掴み、目標をもって望んでみようと思いました。

やる気が、「本気」なのか。
興味をもたなくなったらおしまい。

その時々で、リーダーが替わっても良い。
もっとフラット型で、全部を抱え込まずに部下に任せる場面も必要。お互いに育っていく。

サービスの質(成果)という視点→組織の側面と人の側面との成果においての強み・弱みの分析→強みを活かし弱みを克服する。

コーチングとティーチングの項目→コミュニケーションの場の設定、目標、プロセス、質問の仕方、評価。

コミュニケーションとは行動してもらうまでのプロセス!
リーダーはゆったりと構えていることが大事。
どんなに忙しくても、リーダーはゆったりとした気持ちをもたなければならないということ
自分のサービスが園のサービスであり、評価となる。

自分の役割の重みを再確認させられたが、明るく前向きに知識を身につけ、実践していけたらと思います。
保育士にも保護者にも伝えることが大切である。伝え方の技術(話術)が難しいが相手の立場に立って、でも自分の思いはしっかり伝えたい。

みなさんの発表のすばらしさに、さすが主任さん!!と感動でいっぱいです。


感想

自分の保育園はこうありたい。と、改めて考えたことがなく、園長先生について行くことが多かったように思います。これからは少しずつ自分の目標を考え、仲間達と一緒に達成できたらすばらしいと思いました。

繰り返しお話してくださることで少しずつ自分の中に入っていくことが感じられます。
勉強不足ですが、最後までよろしくお願いします。

それぞれに課題が与えられ、大変でした!!しかし、研修の内容を、より具体的に理解し、行動に移す為には、このようにみんなの前で自分の思いを伝える。発表することが、理解に繋がるのかなと思いました。

自分自身まだまだ未熟で、論理的に話すことができず、とても恥かしい思いでいっぱいです。研修で学んだことをもっともっと自分のものとし、保育の現場で活用できたら、この研修の価値となると考えています。

人に発表する、伝えるということで、どれだけ自分が明文化してみた部分が伝わり共通言語へ繋げていけているのか、不安と期待が入り混じりました。

関連づけ=理解力。
自分が伝えたことは質問して説明を促してみると理解度がわかることを知りました。

繰り返しやってくださったことで、ポイントが絞られてきたのですが、これからも重要なところは繰り返し知らせて頂きたいです。

これから、先生の事例や経験談なども具体的にお聞きできればと思います。今日はとても緊張しました。

事前課題を与えていただいたお陰で、しっかりと考えることができた。
人に伝えることの難しさを改めて感じた。
自分が理解していない部分で、第三者から説明を受けると納得できる。
同じ立場の人がどう理解しているのか。又、いないのかを知ることができた。
発表は緊張したが、楽しかった。
個々の差はあるものの調べたり、考えたりするようになってきたのは、この講義の成果だと感じた。

研修も回を重ねると個々の理解度に差が出てきている。

なかなか勉強できない課題なので勉強になりますが、自分の頭の中で理解していくのは時間がかかります。一つ一つ整理していかないといけないと思いました。

今回の発表は事前に資料などを参考にしながら私自身とても勉強になり、内容が把握できました。他の発表も楽しくわかりやすく、とても参考になり、勉強になりました。さっそく園で取り組んでがんばって行きたいです。

繰り返し説明してくださることで、自分の中でイメージをつくり出すことができるが、やはりイメージだけでは、曖昧になってしまい、自分の考え、計画、目標がゆらいでしまうので、しっかりした目標を図式、文字にすることも大切なのだと思う。記憶は曖昧になってしまう。見直す、思い返すということが大切。


第三者評価についてのお問い合せはこちら

http://www.cnsi.co.jp/contact.html

組織診断、研修、人材育成など気軽にお問い合せ下さい。





NHKスペシャル「セーフティーネット・クライシス ~日本の社会保障が危ない~」

このたび、みなさまにご協力いただいた番組が、

放送になりますので、お知らせいたします。



5月11日(日)21:00~22:28(総合テレビ)

NHKスペシャル「セーフティーネット・クライシス ~日本の社会保障が危ない~」

http://www.nhk.or.jp/special/



医療から介護、生活保護まで、

日本の社会保障全体が危機にある現状を取材し、

未来に向けて新たなセーフティーネットの在り方を考える番組です。



是非みて下さい。。。


テーマ:福祉サービスを知ろう - ジャンル:福祉・ボランティア

平成20年度介護サービス情報公表事業の調査手数料改定

調査員の手数料は評価機関の対応により異なるが、
手数料が低くなることが考えられるが、これによって、
調査の質が下がることの無いようにする対応が必要である。

下記に調査機関に送られた内容である。




                                         健 指 第6408号
                                         平成20年3月25日

千葉県介護サービス情報公表
指定調査機関の代表者    様


                   千葉県健康福祉部健康福祉指導課長



  平成20年度介護サービス情報公表事業の円滑な運営に向けた準備について
 日頃から県の福祉行政にご協力頂きましてありがとうございます。
 さて、介護サービス情報公表事業における手数料については、使用料及び手数料条例(昭和31年千葉県条例第6号)の一部改正により、平成20年度以降調査手数料及び公表手数料の取り扱いが下記のとおりとなるので、お知らせします。
 貴調査機関におかれましては、平成20年度の円滑な調査事務の実施に向けて準備に遺漏のないようお願いします。
 なお、平成20年度追加予定のサービスの調査員研修及び事業説明会については、後日改めて連絡します。

1 調査手数料について
(1) 現行の一律40,000円が、4区分24,000円から33,000円までの改正となる。(詳細は別紙1のとおり)
 (2) 平成20年度追加予定のサービス分の調査手数料については、平成20年度調査票の構成(区分は別紙2のとおり)から追加手数料は設定しない予定である。(正式な取り扱いについては、平成20年6月定例県議会後において決定する予定。)
 (3) 改正後の調査手数料の適用については、平成20年度調査から適用となる。
     ただし、平成19年度調査対象事業所の事情等で平成20年4月1日以降、調査を行う場合は、従前の調査手数料(40,000円)が適用となるので注意すること。
2 公表手数料について
 (1) 現行の9,300円が、8,800円に改正となる。
 (2) 平成20年度追加予定のサービス分の公表手数料については、上記1(2)と同様の取り扱いとなる。
 (3) 改正後の公表手数料の適用については、上記1(3)と同様の取り扱いとなる。
     また、平成20年3月指定までの新規事業所の「基本情報」については、
     従前の公表手数料(9,300円)が適用となるので注意すること

テーマ:福祉関連ニュース - ジャンル:福祉・ボランティア

東京都福祉サービスの第三者評価評価者養成研修の受講申込開始

東京都福祉サービスの第三者評価評価者養成研修の受講申込開始

本日2008年4月7日より東京都の第三者評価推進機構で
第三者評価評価者養成研修の申込を開始しました。

資格要件等を確認し興味がある方はお問い合せ下さい。
申込から受講に至るまでのステップをお知らせします。

下記をクリックして下さい。↓↓↓問い合わせが直ぐにできます。
問い合わせフォーム

詳細はこちらからメール差し上げます。

福祉サービスの第三者評価・介護サービスの情報の公表・グループホームの外部評価受審後の課題解決サービス

福祉サービスの第三者評価・介護サービスの情報の公表・グループホームの外部評価受審後の課題解決サービス

今年度の準備もしくはケアの質の向上を図るための支援として下記の内容を提供します。

ご希望の内容をお問い合せフォームに記載して下さい。
複数選択していただいて結構です。
        先着30名様

1.介護人財育成プラス5.6月号掲載
 介護リーダーに求められる役割 小冊子プレゼント
2.無料コーチング・計画的人材育成・職員動機付けコンサルティング
3.終末期ケアシステム1ヶ月間無料体験
4.キーワードマーケティング(職員募集ほか)
5.ホームページ制作(SEO対策含む)3万円・メンテナンス月額1万円


下記をクリックして下さい。↓↓↓問い合わせが直ぐにできます。
問い合わせフォーム

詳細はこちらからメール差し上げます。

上記サービスを受けることで、あなたや事業所がどうなっているかをイメージして下さい。
また、どうなっていたいかを明確にして、上記サービスを申し込んでください。

問い合わせフォーム


テーマ:福祉サービスを知ろう - ジャンル:福祉・ボランティア

第三者評価の計画的人材育成とは、

第三者評価の計画的人材育成とは、画一的に必要と思われる研修を
受講させるのではなく、個別に人材育成を目的として
PDS(マネジメントサイクル)を回すことです。

現場で効果的にPDS(マネジメントサイクル)を回すには、
1.現場で求める人材像を明らかにする。
2.職員の現状を客観的に評価する。
3.現状とその人材像(理想像)とのギャップを分析する。
4.職員1人ひとりに必要な知識や経験を抽出する。
5.誰に、何を、どのように、教えるべきかを計画する。
6.個別にその計画を実施する。
7.その教育成果はどのような評価基準で図るのかを明確化する。
8.フィードバックを行いそれぞれのポイントを修正・改善する。

このようなプロセスを事業所にあった形で進めます。

難しく考えずに利用者のケアプラント同じく、
職員の育成プランを作成するということです。

詳細はお問い合せ下さい。無料でお答えします。
下記をクリックして下さい。↓↓↓問い合わせが直ぐにできます。
無料問い合わせ.無料研修、コンサルティング






テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

ストロークシャワーを浴びて、リフレッシュ!

ストロークシャワーを浴びて、リフレッシュ!

私は、朝からたくさんのストロークシャワーを浴びる。

子どもに、妻に、仲間達に対して、当たり前のことを感謝し、言葉に出して褒めることを意識して行っている。

朝から言葉に出して相手を褒めることで、微笑みやスキンシップのストロークシャワーを浴びることができる。

これは、自分も相手もプラスの“心のあり方”にもっていける。キーワードは“ストロークを意識”するである。

ストロークとは、相手の存在や価値を認めるようなさまざまな働きかけることである。

ストロークシャワーとは、ストロークの嬉しい、楽しい、気持ちいいことをたくさん相手に働きかけることである。

ストロークは介護の心技体に影響を与える。

特に心に栄養を与え、健康な状態を維持することができる。
これは、介護の現場で求められる能力の1つでもある。
一度職場でストローク効果を体感してもらいたい。
3人1組になり、1人に対して2人が褒めるのである。
「あんなところもいい、こんなところもいいよね。」と、少し恥かしいが褒められた本人は、案外嬉しいものである。そして褒めている側も楽しくなるものである。
しかし実際の職場では、相手を気にかけてストロークを与えることは少ないものであり、ストロークを受けることも少ない。

だから、「誰か私を褒めて~」って、「誰か愚痴聞いて~、飲みに連れてって~」って、リーダー自らストロークシャワーを仲間に要求して、いっぱい浴びてしまう。こんな切欠から職場の雰囲気も変わるかもしれない。

「介護サービス情報の公表」対策研修

介護サービスの情報の公表とは?

介護サービス事業所を対象に事業所の基本情報(法人名、人員体制、所在地、電話番号、ホームページURLなど)と調査情報(サービス計画と記録、研修計画と実績、マニュアルの有無など)を公表するという制度です。


情報の公表はどのように公表されるのか?

客観的に判断しうる項目を〈はい〉〈いいえ〉で決定し、そのままの形で、県のホームページ等に公開されます。

事業者自身が積極的に情報開示することで、利用者が適切にサービスを選択することができます。

福祉サービスの情報の公表制度は、利用者のためでもあり、事業所の経営者、職員、地域のためであり、介護サービス全体のためでもあります。

この調査を機会と捉えて、事業所サービスの質の向上を目的に、サービスの質と組織運営の精度を高める人材育成・研修やマニュアル整備を計画的に進めることをお勧めします。


介護研修
事業所へ講師が出向き、日程、時間、人数など調整しながら、下記内容を事業所にあったかたちで進めます。
お気軽にお問い合せ下さい。
気軽にお問い合せください。
下記をクリックして下さい。↓↓↓第三者評価について問い合わせが直ぐにできます。
問い合わせフォーム

詳細はこちらからメール差し上げます。

メール問い合わせ先:info@cnsi.co.jp
電話043-223-6577


研修目的
「介護サービス情報の公表」を機会にサービスの質を向上させる。

◆「介護サービス情報の公表」マネジメント研修

介護サービス情報の公表制度の各項目を活用し、マネジメントサイクルでサービスの質を高める。 職員のレベルにあった研修計画立案と研修の実施を効果的にできる人材を育成します。

1.介護リーダーシップ
2.アサーティブコミュニケーション
3.サービスの質を向上する目標管理

◆「介護サービス情報の公表」対策研修

その場の調査を取り繕うのではなく、知識を行動として現場に定着させるために、職員が各テーマに興味をもち繰り返し確認できるような内容です。

1.プライバシーの保護
2.介護現場の接遇とマナー
3.倫理と法令遵守
4.事故防止と対応
5.認知症および認知症ケア
6.感染症の予防と食中毒の予防

各研修は、計画と実施記録としての修了書。現場に帰って各職員への報告、回覧などまで実際に現場で活用できるまで詳しく説明します。


「介護サービス情報の公表」に関するご質問・ご相談は、
お問い合わせフォームからお気軽にお寄せ下さい。
気軽にお問い合せください。
下記をクリックして下さい。↓↓↓第三者評価について問い合わせが直ぐにできます。
問い合わせフォーム

詳細はこちらからメール差し上げます。

メール問い合わせ先:info@cnsi.co.jp
電話 043-223-6577

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。