第三者評価/CNS第三者評価推進室 【東京都福祉サービス第三者評価機関】

第三者評価研究所の事務局であるCNSが東京都の第三者評価機関となりました。効果的な評価を実施します。保育園、障害(入所、通所)、高齢,介護施設など気軽にお問い合わせください。info@cnsi.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第三者評価の定義・目的

第三者評価の定義・目的


第三者評価の定義
 福祉サービス事業者でも利用者でもない(当該福祉サービスの当事者関係にない)第三者性を有する機関(=評価機関)が、 事業者・利用者・必要があればその家族に対する訪問・ヒアリング・アンケートなどによる調査に基づき、 事業者の提供するサービスの質を客観的な立場から総合的に評価することです。

 福祉サービスの第三者評価は、「利用者(子供を含む)が自分に合った質の高い福祉サービスを選択、利用することにより個人の意思が尊重され、 生き生きと自分らしい自立した生活を送ることができるようになること」を目指すものです。

第三者評価の目的
1.福祉サービスの質の向上
 第三者評価により、事業者のサービス改善等の取り組みを促進し、利用者が質の高いサービスを利用できるよう、サービスの質の向上をはかる。

2.福祉サービスの選択支援
 第三者評価結果の公表により、事業者が提供するサービスの情報を提供し、利用者が自分に合った質の高いサービスを選択できるよう支援する。

 この第三者評価は、権威づけや格付け(ランク付け)をすることが目的ではありません。「評価のための評価」や「評価結果がでたら終わり」ではなく、第三者評価を通じて、 事業者が自らのサービスの改善すべき点や優れている点に気づき、いっそうの質の向上につなげていくことが重要です。

スポンサーサイト

福祉サービスの第三者評価とは? その目的とは?

■福祉サービス第三者評価とは
 福祉サービス第三者評価とは、事業者でも利用者でもない第三者の評価機関が、福祉サービス提供事業者のサービスの内容や質、経営などを評価することです。


■福祉サービス第三者評価の目的

○利用者の事業者選択の支援(情報提供)

 利用者は、各事業者のサービスの内容や質、事業者間の違いを知ることで、自分にあったサービス提供事業者を選ぶことができます。

○事業者のサービスの質の向上

福祉サービス提供事業者は

・ これまで気づかなかった利用者のニーズを把握できます。

・ 経営管理やサービス提供体制を点検し、良い点や現状の問題点・改善点の把握ができます。

・ 目標とするサービス水準の中での到達度を知ることができます。

・ 評価内容を公表することで、セールスポイントをアピールできます。

福祉サービス第三者評価とは

福祉サービス第三者評価とは、受審事業所に「気づき」を与え、自ら前向きな姿勢で福祉サービスの質の向上に取り組む機会となる制度で、都民に開かれた組織運営と利用者の選択に資するものである。

 「利用者調査」と「事業評価」の2つの評価手法を用いて、公平で中立な第三者が専門的(サービスと組織運営)な知識や経験をもとに客観的にそのサービスの独自性を考慮して評価し、その評価結果がインターネットで公表される仕組みであり、利用者や職員はもとより福祉サービス全体の質の向上が図れるものである。

利用者のニーズはさまざまなものがあり、そのニーズに適合する事業所サービスはどこの事業所が提供しているか?などの情報を公表することで、多様な事業所サービスとさまざまな利用者ニーズが適合することを可能とした評価制度で、「利用者本位の福祉サービス」を実現するために必要なものである。

第三者評価の効果的活用や第三者評価を受審しなくとも効果的に活用する方法などについて、お気軽にお問い合せ下さい。
第三者評価についてのお問い合せはこちら

http://www.cnsi.co.jp/contact.html

組織診断、研修、人材育成など気軽にお問い合せ下さい。



テーマ:福祉のお仕事 - ジャンル:福祉・ボランティア

第三者評価は現状把握の機会となる。

第三者評価、グループホームの外部評価や情報の公表が事業所の現状を把握する良い機会となり、利用者、入居者本意の福祉サービスが実現するための課題発見、改善活動や職員が楽しくイキイキと働く切欠となることが望まれる。

福祉サービスの質の向上を目的としている。


行政も、評価機関も、評価者も、そして福祉サービス事業所も、その関係者、ステークホルダーも、

1点の曇りもなく、

この目的達成のために努力している。

共通目的を明らかにして、
効果的な受審方法を共有化しながら進められることを期待します。

第三者評価のみならず、
グループホームの外部評価も、介護サービスの情報の公表も同様に、
目的達成のために効果的な受審準備を行って欲しい。

効果的な受審についての質問などはお気軽にお問い合せ下さい。
下記をクリックして下さい。↓↓↓第三者評価、グループホームの外部評価や情報の公表について問い合わせが直ぐにできます。
問い合わせフォーム

詳細はこちらからメール差し上げます。








テーマ:福祉サービスを知ろう - ジャンル:福祉・ボランティア

目標管理を導入する理由!

目標管理を導入する理由!

1.目標感のある組織体質の醸成

2.診療報酬・介護報酬改定による収益減【経営改革による克服】

3.職員の動機づけ及び職務能力向上による事業所サービスの質の向上


目標管理を導入することで計画,実施,評価のマネジメントサイクルを回す仕組みが構築できる
このサイクルに第三者評価,GH外部評価,介護サービスの情報の公表を使う。

または、実際に受審しなくとも第三者評価項目を使って、誰もが納得できる組織目標や行動基準を明確にすることが求められる。


下記をクリックして下さい。↓↓↓目標管理について問い合わせが直ぐにできます。
問い合わせフォーム

詳細はこちらからメール差し上げます。




テーマ:福祉サービスを知ろう - ジャンル:福祉・ボランティア

第三者評価制度をどう活かすのか!

第三者評価制度をどう活かすのか!~利用者本位の福祉サービスの実現に向けて~

福祉サービスの第三者評価を受審しなくともこの制度を活かして「事業所サービスの質の向上を図ることが出来ます
そのために必要なことを支援します

お気軽にお問い合わせ下さい


「利用者本意の福祉サービス」とは、ご本人のペースや希望を把握して、その人らしい生活を提供するサービスである。

これを実現するために、福祉サービスにかかわる関係者は、利用者本人を中心に様々な人を巻き込み、日常の中で自然に生活できる環境を構築する努力が必要がある。

例えば、本人から直接聞き取ることができない場合は、ご家族や友人から話を伺ったり、生活歴や本人の何気ない話や行動から、本人の生活スタイル、ペース、嗜好、希望を把握する。

そして、そのプロセスが、本人の周りを巻き込み、その人らしい生活を自然にできる環境を構築すると考えられる。

個別ケアプランも、組織改善計画も、職員育成計画も、利用者中心にその人らしい生活をできるような環境を創ることを目的になされることが望ましく、そうすることで計画の実現性が高まる。

つまり、「利用者本意の福祉サービス」とは、答えはそのプロセスの中から生まれるのである。

だから、利用者中心に皆が考えられる人づくり、組織づくり、地域づくり、国づくりが必要になるということである。


問い合わせフォーム
詳細回答はこちらからメール差し上げます。





テーマ:福祉サービスを知ろう - ジャンル:福祉・ボランティア

利用者本意の福祉サービスとは

利用者本意の福祉サービスとは?

案外、一言では言い表せない。

だけど、表す必要があるかもしれません。

「利用者本意の福祉サービス」とは、ご本人のペースや希望を把握して、その人らしい生活を提供するサービスである。

これを実現するために、福祉サービスにかかわる関係者は、利用者本人を中心に様々な人を巻き込み、日常の中で自然に生活できる環境を構築する努力が必要がある。

例えば、本人から直接聞き取ることができない場合は、ご家族や友人から話を伺ったり、生活歴や本人の何気ない話や行動から、本人の生活スタイル、ペース、嗜好、希望を把握する。

そして、そのプロセスが、本人の周りを巻き込み、その人らしい生活を自然にできる環境を構築すると考えられる。

個別ケアプランも、組織改善計画も、職員育成計画も、利用者中心にその人らしい生活をできるような環境を創ることを目的になされることが望ましく、そうすることで計画の実現性が高まる。

つまり、「利用者本意の福祉サービス」とは、答えはそのプロセスの中から生まれるのである。

だから、利用者中心に皆が考えられる人づくり、組織づくり、地域づくり、国づくりが必要になるということである。

下記をクリックして下さい。↓↓↓『利用者本意の福祉サービスの実現について』問い合わせが直ぐにできます。
問い合わせフォーム

詳細回答はこちらからメール差し上げます。

テーマ:福祉サービスを知ろう - ジャンル:福祉・ボランティア

福祉サービス第三者評価の対象

福祉サービス第三者評価の対象

第三者評価の対象とする「福祉サービス」は、
次のいずれかに該当するものとしています。

(1)社会福祉法に定める社会福祉事業において提供されるサービス
(2)介護保険法に定めるサービス(医療サービスを除く)
(3)上記に準ずるもので、都道府県や評価機構が認めるサービス

具体的に現在認証されている対象サービスは以下のとおりです。

児童分野
①保育所
②児童養護施設
③母子生活支援施設
④乳児院    
⑤横浜保育室

障害分野
①身体障害者更生施設(肢体不自由者、視覚害者、聴覚・言語障害者、内部障害者)     ②身体障害者療護施設    
③身体障害者入所授産施設    
④身体障害者通所授産施設    
⑤身体障害者小規模授産施設    
⑥知的障害者入所更生施設    
⑦知的障害者通所更生施設    
⑧知的障害者入所授産施設    
⑨知的障害者通所授産施設    
⑩知的障害者小規模授産施設
⑪知的障害者通勤寮

高齢分野
①介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)    
②介護老人保健施設(老人保健施設)
③養護老人ホーム
④通所介護
⑤短期入所生活介護

保護分野
①救護施設
②更生施設


下記をクリックして下さい。↓↓↓第三者評価について問い合わせが直ぐにできます。
問い合わせフォーム

詳細はこちらからメール差し上げます。

テーマ:福祉のお仕事 - ジャンル:福祉・ボランティア

第三者評価についてのお問い合わせはこちら

【“第三者評価についてのお問い合わせはこちら”の続きを読む】

テーマ:福祉サービスを知ろう - ジャンル:福祉・ボランティア

第三者評価で魅力ある組織づくり

魅力ある組織とは、

その対象は、
その目的は、
その機能は、

具体的に考えてみる。

その機会に第三者評価がなることは確かです。

第三者評価の項目ごとに、
自分の組織を分析してみて下さい。

強みとは、
弱みとは、
機会とは、
脅威とは、

第三者評価の項目と
SWOT分析をすることで現状を把握できます。

現状を把握するということは改善項目が明らかになるということでもあります。

強くなるには、弱さを知ることだということはこのことを指します。

是非、自分でできることから客観的にはじめてみて下さい。

理論の実践と、
実践の理論化です。

質問などございましたら、
気軽に連絡いただければと思います。
info@cnsi.co.jp

今後ともよろしくお願いします。



次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。