第三者評価/CNS第三者評価推進室 【東京都福祉サービス第三者評価機関】

第三者評価研究所の事務局であるCNSが東京都の第三者評価機関となりました。効果的な評価を実施します。保育園、障害(入所、通所)、高齢,介護施設など気軽にお問い合わせください。info@cnsi.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NLPを活用した第三者評価で職員の成長を促す!

CNS第三者評価はNLPを学び習得した評価者が、職員を成長を促しサービスの質の向上を図る先進的な方法で第三者評価効果を最大化します。

訪問調査等のコミュニケーションにおいては職員の心に響く言葉や振る舞いを通してやる気にしていきます。

そして、過去の延長線上からの目標設定と未来の「ありたい姿」からの未来設定を「今」ここで統合し利用者本位を実現します。

是非評価を通して体験してみてください。

お問い合わせ
info@cnsi.co.jp
スポンサーサイト

テーマ:福祉サービスを知ろう - ジャンル:福祉・ボランティア

NLPコミュニケーション その3

第三者評価調査員に求められるインタビュー力(コミュニケーション能力)のヒントになるNLPコミュニケーション!
ぜひ参考にしてください。

NLPとは、人を理解するプロセスであり、成長を実感するプロセスでもあります。

「相手を理解したと思った瞬間に理解していない」という心理学者カールロジャースの言
葉にもあるように、相手を理解できることはできないが、相手の成長を信じ、相手に寄り
添う姿勢の中で、相手とのかかわりの中で、五感を通じて感じ、伝え合うプロセスで信頼
関係を構築していきます。

このプロセスが相手と自分を成長に導いてくれます。


◆Neuro(神経) 五感に基づく認識

人の認知行動は、すべて基本的に、視覚、聴覚、嗅覚、味覚、身体感覚という五感を通し
て行われています。(神経学的プロセス)

私たちは五感を通じてものごとを体験し、情報の意味を理解し、反応しています。
このプロセスを内省することで体感していきます。一人ではできないことをCNSでは支援し
ていきます。


◆Linguistic(言語) 言葉を使って

私たち人間は、五感から得られた情報をコード化し、意味を与えて思考や行動を順序立て
、言語を使って人と通じ合っています。

状況によっては、言葉は相手の心に深く入っていくことができ、行動や人生に大きく影響
を及ぼすことができます。

記憶に残る言葉を使い、心に残る行動をとることができ、相手のためが自分のためになる
ことを実感できます。


◆Programming (プログラミング) 変化させる

NLPは、望ましい結果(アウトカム)を得るために、私たちはすでにある今の認識を変える
(リ・プログラミングする)ことにより、思考や行動を変化させられる(豊かにすること
ができる)という前提を持っています。

人は自分で理解できる範囲でしか理解できません。その認識のフレームを豊かにすること
で無限の可能性に気づき、相手の成長を信じ行動を選択することができます。

これら3つの頭文字がNLP(Neuro-Linguistic Programming)です。

NLP無料研修/体験実施中!
興味があれば是非ご連絡ください。

info@cnsi.co.jp

伊集院昭彦

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
理念 ソーシャルインクルージョン「善き社会のために」
第三者評価推進室 Our Vision 
第三者評価を通じて利用者本位の福祉社会の実現に貢献する
株式会社CNS【東京都認証評価機関 認証番号 機構09-188】
代表取締役 伊集院昭彦
≪ ぷらちなカレッジ 代表 ≫
NPO法人はじめてのコーポレートユニバーシティ設立
≪ 人づくり大学 “JINGAKU” 主宰 ≫
人づくり大学の大学とは四書五経の『大学』を指しています
MAIL: ijuin@cnsi.co.jp
〒267-0066
千葉県千葉市緑区あすみが丘1-9-21
TEL : 043-205-6651  FAX : 043-205-6652
株式会社CNSホームページ http://www.cnsi.co.jp/
第三者評価推進室ブログhttp://cns16.blog88.fc2.com/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

NLPコミュニケーションについて(その2)

第三者評価インタビューのヒント
NLPコミュニケーションについて

NLPのひろまり

NLPは、1970年代に米国カリフォルニアで始められた言語学、神経学、心理学を組み合わせた実践的な学問です。 

NLPは、その効果や即効性が非常に高いことから、全国にひろまりました。現在では、NLPの手法は個人の自己実現や組織の成果向上に効果的であることから、医師、看護師、介護職、保育士等、医療福祉分野に広く浸透しています。

CNSでは、このNLPを広く普及することで、CNSの理念である“ソーシャルインクルージョン”(弱者という概念さえもない社会づくり「善き社会のために」)の実現に邁進したいと思います。

NLP無料研修/NLP無料体験実施中です。

興味があれば是非ご連絡ください。

info@cnsi.co.jp

伊集院昭彦

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
理念 ソーシャルインクルージョン「善き社会のために」
第三者評価推進室 Our Vision 
第三者評価を通じて利用者本位の福祉社会の実現に貢献する
株式会社CNS【東京都認証評価機関 認証番号 機構09-188】
代表取締役 伊集院昭彦
≪ ぷらちなカレッジ 代表 ≫
NPO法人はじめてのコーポレートユニバーシティ設立
≪ 人づくり大学 “JINGAKU” 主宰 ≫
人づくり大学の大学とは四書五経の『大学』を指しています
MAIL: ijuin@cnsi.co.jp
〒267-0066
千葉県千葉市緑区あすみが丘1-9-21
TEL : 043-205-6651  FAX : 043-205-6652
株式会社CNSホームページ http://www.cnsi.co.jp/
第三者評価推進室ブログhttp://cns16.blog88.fc2.com/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


第三者評価インタビューのヒント

NLPのすべて(第三者評価インタビューのヒント)

NLPを体験し、自分自身を見つめ、相手に寄り添い、相手の成長を信じ、相手のためが自分のためになることを実感していただきたいと思います。

自分自身の持ち味、個性(長所、短所・コンプレックス)、特徴などを活かし、意識と行動の変革をもたらすことを可能とします。
組織と個人のマネジメントに多大な影響をもたらし、大好きな自分でいられることを支援します。

NLPを通して、自分自身をみつめ(持ち味?個性、特徴など)、自分らしさとは何か?
自分の仕事の役割とは何か、強みとは?を明らかに自分の中で見つけていきます。

時間軸の中で、どうして来たのか(過去)、何をしているのか(現在)、どうしたいのか(未来)を考え、明らかにするプロセスで自分自身と周りで起こっていることを肯定的につかんでいくことが出来ます。

NLPは未来志向です。目的志向の実学です。

自分をみつめながら、つかみながら、自分の認識、思考、行動を変革するフレーム(枠組み)としては優れたプログラムです。

自分の行動やマネジメントの変革のヒントを掴み、自分と組織の“不”を取り除く機会になります。
不信、不満、不愉快、不公平などの不と、陰性感情の負を取り除く優秀なプログラムであり、自分の可能性に気づくことができます。

NLPは主語(私)が明確です。

Self-managementで他者とのかかわりを変革していきます。
過去から現在の自分を理解することでもあり、現在から未来を考えることでもあります。

重要性を体験し体感していきます。
自分自身を変革するとは、どのように進んでいくかが重要であり、それを見定めていく必要があります。

どうなりたいかを見定めていく、自分と周囲との調和を考えていく必要があります。

NLPを自分のものにするためには、
 NLPは日常では通常やらないことを「やってみる」ことになります。未知の体験を「やってみる」ことで学んでいきます。
 自分軸をもってみることです。自分から変わる意識が必要です。変わるというより自分の選択肢を豊かにしていく感覚です。(心が豊かになる感覚です)
 違いから学ぶことです。
人から人が学ぶ、自分自身との違いの感覚を知ることです。驚きの中で気づきがあるでしょう。違いを認め、尊重できるようになるでしょう。「違うという事実」と「同じように考えてほしいという願望」とのギャップに苦しまなくて済むようになります。

NLPを自分のものにしてください。
受講するメンバーが違うことでの違う学びもあるでしょう。
どのように感じとっているかなどの違いを学ぶことが出来ます。仕事の現場でも同様に学ぶことが出来ます。

お互いが学習の糧になります。

今から未来に向けて、プロセスで学びます。
例えば3か月後のアウトカム(望ましい姿:目標)を定め、それに向けて実践していきます。これがNLPを実学として学ぶ体験学習にもなります。

CNSのNLPでは五感を磨く体験と五感に働きかける体験学習を実践していきます。

今まで気づかなかったことに気づき、自分の中にある潜在意識を研ぎ澄ますことで五感のスイッチを見つけることが出来るでしょう。

自分を知ることで、相手の五感に働きかける術が身についていきます。相手の五感に響く行動をとることが出来るようになっていきます。

今までの概念を壊すことが出来ます。

“記憶に残る言葉を使い、心に残る行動をとる”ことが無意識にできるようになるでしょう。

“相手のためが、自分のためになる”ことを日々実感する毎日が過ごせるようになります。

無料研修/体験実施中!
興味があれば是非ご連絡ください。

info@cnsi.co.jp
伊集院昭彦

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
理念 ソーシャルインクルージョン「善き社会のために」
第三者評価推進室 Our Vision 
第三者評価を通じて利用者本位の福祉社会の実現に貢献する
株式会社CNS【東京都認証評価機関 認証番号 機構09-188】
代表取締役 伊集院昭彦
≪ ぷらちなカレッジ 代表 ≫
NPO法人はじめてのコーポレートユニバーシティ設立
≪ 人づくり大学 “JINGAKU” 主宰 ≫
人づくり大学の大学とは四書五経の『大学』を指しています
MAIL: ijuin@cnsi.co.jp
〒267-0066
千葉県千葉市緑区あすみが丘1-9-21
TEL : 043-205-6651  FAX : 043-205-6652
株式会社CNSホームページ http://www.cnsi.co.jp/
第三者評価推進室ブログhttp://cns16.blog88.fc2.com/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

テーマ:研修会・講習会・イベント - ジャンル:福祉・ボランティア

コーチング型インタビューで気づきを与える第三者評価

ドラマティックコミュニケーションの内容と流れを具体的に紹介します。
~私たちの可能性は無限大~

コミュニケーションが変わればドラマが変わる、ドラマティックコミュニケーション!

営業力強化研修:売らない営業とは?相手が「あなたから買いたい!」と思わせる営業!
コミュニケーションの質の向上とは?相手があなたといることで嬉しいと思え、内的変化が外的行動として表れていくこと!

この研修は、グループワーク中心の体験研修で進めていきます。

配布している自己紹介シートに自分を相手に分かりやすく紹介するUSP(ユニークセールスプロポジション:強みや特徴)を書き、グループ内で自己紹介します。

例えば、「私は、Social Inclusion を目指す福祉分野の坂本龍馬です。」と言ったような相手を引き込むようなフレーズを使って観ることが効果的です。

すると「福祉分野の龍馬とは?」どのようなことを行っているのか?更に知りたいと思いませんか。

これが相手を引き込むUSPです。(売らない営業とは相手の興味を喚起するのがファーストステップです。AIDMAの法則)

グループ内で自己紹介が終了後、その紙を右に回して、もらった紙の人の自己紹介を、この教室のどなたでも良いのでペアになって紹介し合います。

終わりましたら、紹介した人を教室から見つけて「あの人が○○さんです。」と言って紹介して下さい。

いかがでしょう。上手く紹介できましたでしょうか?

伝えること、受け取ることを意識された一瞬を体験していただけたかと思います。


この講座は、「楽しみながら」「ゲーム感覚」「気づき⇒活かす」体験型アプローチです。

「感性を磨き」「非言語スキルを高め」「人とふれあう楽しさを体感」する体験型セミナーです。

興味がある方は是非参加して下さい。

8月6日体験型“タイプ別コミュニケーション講座”を行います。

お問い合わせ info@cnsi.co.jp

よろしくお願いします。

テーマ:福祉サービスを知ろう - ジャンル:福祉・ボランティア

伝え合う“心”の実践!タイプ別コミュニケーション講座

福祉の現場で改善活動や前進するために考える自由で貴重な時間を共有させて下さい。

改善が求められると考えられる人間関係ほど、タイプ別のコミュニケーションを意識することで相手の内的変化を呼び起こし、自然と良好な関係を構築できます。

つまり、相手の動機・欲求を理解し、コミュニケーションのスタイルを相手に合ったものにすることで良好な人間関係を創り上げ「望ましい姿」に近づけていきます。

そのためには、タイプ別の考え方、価値観、行動特性を理解し、個別に対応していくことが最も効果的です。

ユングのタイプ理論を体系化したMBTIやマーストンのDISC、TA(交流分析)、NLP等を応用して福祉の現場で適応していく必要があります。

CNSではオリジナルの福祉の現場に合ったコミュニケーション講座を開催しています。

タイプ別の行動をビデオで視たり、参加者とBuddyWorkやGroupWorkを行いながら進めます。

8月6日13時~17時半Qぼーるで行います。

気軽に参加して下さい。

日時:8月6日土曜日 13時~17時半

場所:きぼーる15階会議室:千葉市中央区中央4-5-1 Qiball(きぼーる)

定員:24名

費用:3000円

参加申し込み方法

8月6日「タイプ別のコミュニケーションセミナー参加希望」と記載し、info@cnsi.co.jp 宛にメールするか、043-205-6652にFAXしてください。

【お問い合わせ先】 TEL:043-205-6651 携帯:090-9978-3890 MAIL:info@cnsi.co.jp

伊集院から折り返し連絡させていただきます

CNSホームページhttp://www.cnsi.co.jp/

福祉の現場を働きやすく、元気な職場に変えていきましょう。

今後ともよろしくお願いします。

テーマ:福祉のイベント - ジャンル:福祉・ボランティア

現場職員の気持ちが痛いほどわかるタイプ別コミュニケーション講座

【“現場職員の気持ちが痛いほどわかるタイプ別コミュニケーション講座”の続きを読む】

テーマ:福祉のイベント - ジャンル:福祉・ボランティア

訪問調査で有効なタイプ別コミュニケーションセミナー

保護者の誤解や職員の不満を取り除くタイプ別コミュニケーションセミナー

タイプ別コミュニケーションセミナーは、行動分析、心理分析、神経言語分析を応用した科学的に立証されたツールを活用したセミナーです。

現場での仕事への関わり方、意見や手順の違い、問題解決方法の相違は、職場では時としてサービスの質の低下や人間関係を阻害する要因になります。

そこでタイプ別コミュニケーションセミナーでは、自分の行動が部下などに与えるインパクトを理解し、自分とは異なるコミュニケーションのスタイルや動機・欲求に対し、どう係わっていくかを学んで行きます。

また、利用者や利用者家族のさまざまなニーズを理解し、より良い係わり方を知ることで、利用者や利用者家族との強力な関係を築くことが可能になります。

チームでは、メンバーそれぞれが、チームにとって大きな力となる異なる特性を持っていることを認識し、それぞれに合ったコミュニケーション方法を学ぶことによって、より良い人間関係をつくることができます。職員一人ひとりが利用者本位を真っ直ぐに考えられるチームになります。

今回のセミナーでは行動に着目します。

人は、人を判断する時、目に見えている言動で判断しています。

誤解というのは、目に見えない相手の言動(心で起こっていること)について仮説(story)を立てたときに起こります。
この仮説(story)を書き換えることで内的変化が起こり、外的行動によって相手の内的変化を呼び起こすことができます。

例えば、リーダーのスタッフのタイプに合わせた振る舞いで、信頼を得るか、得ないかが決まっているのです。
タイプ別コミュニケーションでは、自分と他人の行動を理解します。さらには、他の人の動機・欲求を理解し、コミュニケーションのスタイルをその人に合ったものにすることを可能にしていきます。

福祉分野の課題の1つが、コミュニケーション、個別の人材育成、人材不足だと思います。

この解決策の切欠になりうる内容を提供します。

タイプ別の行動をビデオで視たり、参加者とBuddyWorkやGroupWorkを行いながら進めます。

8月6日13時~17時半Qぼーるで行います。

気軽に参加して下さい。

日時:8月6日土曜日 13時~17時半

場所:きぼーる15階会議室:千葉市中央区中央4-5-1 Qiball(きぼーる)

定員:24名

費用:3000円

参加申し込み方法

info@cnsi.co.jp 宛に下記内容を記載しメールするか、書式自由でFAXしてください。

【お問い合わせ先】 TEL:043-205-6651 携帯:090-9978-3890 MAIL:info@cnsi.co.jp

下記をご記入の上、043-205-6652までFAXして下さい。


伊集院から折り返し連絡させていただきます。

お会いできるのを楽しみにしています。

テーマ:福祉のイベント - ジャンル:福祉・ボランティア

第三者評価 評価者コミュニケーションスキル研修

タイプ別コミュニケーション・セミナーのご案内

【心の利き手を知ることで、心の動きや感情をコントロールできます】

自分の心の利き手とかかわらないで、役割行動(ペルソナ:仮面)とだけ付き合っていると苦しくなります(アイデンティティクライシス)。この症状がやらされ感、徒労感、嫌悪感などで、福祉の現場で良好な人間関係を築くための大きな障壁となります。

このセミナーでは、自己効力感を高めることが出来るタイプ別コミュニケーションを紹介します。心の利き手を知ることで、無意識レベルで安心でき、安定的な心の状態を保つことが出来ます。

これが気持ちよく毎日を過ごせ、チームワークを形成する最も重要な要因となります。

心理学や行動科学の側面から自分や相手、組織に自然な変化を確実に起こす方法を体験し、習得していきます。文字カードを使ったり、特徴的な行動をビデオで視たりして体験しますので気軽に参加してください。


日時:8月6日土曜日 13時~17時半

場所:きぼーる13階会議室:千葉市中央区中央4-5-1 Qiball(きぼーる)

定員:24名

費用:3000円

参加申し込み方法

info@cnsi.co.jp
宛に下記内容を記載しメールするか、書式自由でFAXしてください。
【お問い合わせ先】 TEL:043-205-6651 携帯:090-9978-3890 MAIL:info@cnsi.co.jp
伊集院から折り返し連絡させていただきます。
----------------------------------------------
氏名(研修参加者複数の場合は参加者の中の代表者)
所属
受講者人数(後ほど氏名を確認させていただきます)
連絡先電話番号(携帯番号)
メールアドレス

----------------------------------------------
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
理念 ソーシャルインクルージョン「善き社会のために」
第三者評価推進室 Our Vision 
第三者評価を通じて利用者本位の福祉社会の実現に貢献する
株式会社CNS【東京都認証評価機関 認証番号 機構09-188】
代表取締役 伊集院昭彦
≪ 人づくり大学 “JINGAKU” 主宰 ≫
人づくり大学の大学とは四書五経の『大学』を指しています
MAIL: ijuin@cnsi.co.jp
TEL : 043-205-6651  FAX : 043-205-6652
株式会社CNSホームページ http://www.cnsi.co.jp/
第三者評価推進室ブログhttp://cns16.blog88.fc2.com/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆











福祉サービスの質を向上するために必要な“成功の鍵”とは?

当評価機関は、福祉サービスの質を向上するために必要な“成功の鍵”となる職員の動機づけ方法などを第三者評価プロセスの中で伝えていきます。
第三者評価の目的には、福祉サービスの質の向上と情報の公表によりサービスの選択に資するという2つの目的があります。
「利用者のニーズを的確に捉えた良質なサービスと権利擁護への配慮が高い事業所」という一般的で、絵にかいたモチのような評価ではなく、第三者の視点から強みを活かし、弱みを克服するような表現で、職員自らが「気づける」機会となるのが効果的な第三者評価のプロセスです。このプロセスで職員を動機づけ、事業所の特徴あるサービスを自覚し、利用者満足を向上させていくことが可能となります。
限られた経営資源を環境変化に適切に対応しながら利用者本位を実現しようとする取り組みや仕組みを評価していきます。決して順位付けや悪いところを指摘するようなものではありません。あくまでもサービスの質の向上を目的とし、パートナーとして第三者評価のプロセスを共に歩んでいきます。

打ち合わせ時や職員説明会等で、下記内容を分かりやすく説明し、問題解決しています。
1.自己評価の効果的活用方法
自己評価(第三者評価)の目的とは?
誰のための評価か?
何のための評価か?
目的達成のために、自己評価を効果的に活用する方法とは?
なぜ課題はいつもコミュニケーションと人材育成?
評価の視点とは?

2.第三者評価(自己評価)で職員を動機づけられているのか?
動機づけられないとしたらどうしてなのか?
・評価者のレベルで決定づけられる職員の動機づけについて。
・評価者を選ぶことができたか?

3.同じ評価機関の継続受審の効果が発揮できない。
・評価手法や同じ評価者で形骸化している。
・A評価であっても気づきのある評価プロセスとっていない。
・評価者によって評価の質のバラつきがある。
・もう少し丁寧に現場や努力をしっかりと見てほしい。

このような問題を解決して、第三者評価の効果を最大化します。

CNS評価推進室は、今年度評価にかかわる人材は、事業所の質の向上を上げるためのプロフェショナルコンサルタントや動機づけのプロフェショナルコーチが担当します。

インフルエンザ対策では、同居人もしくはかかわった人などに感染者がいた場合は1週間の自宅待機をお願いしています。

安心と安全のもとで調査に伺います。

気軽に連絡いただければと思っています。

電話 043-205-6651
FAX 043-205-6652
お問い合わせはこちらから、丁寧にお答えいたします。赤い字をクリックしてください。CNSお問い合わせフォームが開きます。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
理念 ソーシャルインクルージョン「善き社会のために」
第三者評価推進室 Our Vision 
第三者評価を通じて利用者本位の福祉社会の実現に貢献する
株式会社CNS【認証評価機関 認証番号 機構09-188】
代表取締役経営コンサルタント 伊集院昭彦
MAIL: ijuin@cnsi.co.jp
〒267-0066
千葉県千葉市緑区あすみが丘1-9-21
TEL : 043-205-6651  FAX : 043-205-6651
株式会社CNSホームページ http://www.cnsi.co.jp/
第三者評価推進室ブログhttp://cns16.blog88.fc2.com/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。