第三者評価/CNS第三者評価推進室 【東京都福祉サービス第三者評価機関】

第三者評価研究所の事務局であるCNSが東京都の第三者評価機関となりました。効果的な評価を実施します。保育園、障害(入所、通所)、高齢,介護施設など気軽にお問い合わせください。info@cnsi.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京都の第三者評価費用

東京都福祉サービス第三者評価の料金は評価機関で定められています。

インターネットで公表されていますのでご確認ください。

CNS評価推進室は、第三者評価の受審にかかわらず事業所の質の向上のためには、どんな相談も受け付けています。
気軽に連絡いただければと思っています。

電話 043-205-6651
FAX 043-205-6652
お問い合わせはこちらから、丁寧にお答えいたします。赤い字をクリックしてください。CNSお問い合わせフォームが開きます。

同じ評価機関の継続受審の効果が発揮できない。
評価者によって評価の質のバラつきがある。
もう少し丁寧に現場や努力をしっかりと見てほしい。
などのご意見等にしっかりとお答えします。

よろしくお願いします。



スポンサーサイト

第三者評価の費用 (助成額・助成割合)

東京都第三者評価の受審費用の助成は区によって異なるので
葛飾区を参考に示すとすると以下のようになる。

■助成対象

 区内に事業所を有し、次の福祉サービスを提供する事業者。ただし、区長が特に必要と認める場合は、この限りではない。

・ 高齢者訪問介護

・ 高齢者居宅介護支援

・ 高齢者通所介護

・ 高齢者短期入所生活介護

・ 認知症高齢者グループホーム 
(葛飾区内に3カ月以上住所を有する者の入居割合が80%以上(小数点以下は、四捨五入とする)であるものに限る)

・ 訪問入浴介護

・ 福祉用具貸与

・ 訪問看護

・ 介護老人保健施設

・ 特別養護老人ホーム(区が国庫補助を受けて整備したものに限る)

・ 特定施設入居者生活介護(有料老人ホーム・介護専用型ケアハウス) 
(葛飾区内に3カ月以上住所を有する者の入居割合が70%以上(小数点以 下は、四捨五入とする)である有料老人ホームに限る)

・ 軽費老人ホーム(ケアハウス)

・ 障害者居宅介護

・ 障害者短期入所

・ 児童デイサービス

・ 身体障害者小規模通所授産施設

・ 知的障害者小規模通所授産施設

・ 精神障害者小規模通所授産施設

・ 認証保育所


■助成額

サービス対象ごとに以下のとおり。ただし、区長が特に必要と認める場合は、この限りではない。

(1) 認知症高齢者グループホーム

評価受審費用の10分の10

(限度額は、1ユニット:45万円、2ユニット:50万円、3ユニット:55万円)

(2) 介護老人保健施設

評価受審費用の2分の1

(限度額は、定員数120人未満:35万円、定員数120人以上:40万円)

(3) 特別養護老人ホーム

評価受審費用の10分の10(限度額60万円)

(4) 認証保育所

評価受審費用の10分の10(限度額45万円)

(5) 上記以外のサービス

評価受審費用の2分の1(限度額15万円)

テーマ:福祉サービスを知ろう - ジャンル:福祉・ボランティア

千葉県福祉サービス第三者評価の評価料金

千葉県福祉サービス第三者評価の評価料金は、評価機関との契約で決定されます。

東京などの都道府県の評価価格をみると30万円から100万円です。

通常、30万円の評価機関のほうが実績数が多いと思いますが、実態は価格に関係なく評価機関が選ばれています。

つまり、受審事業所はしっかりとした目的があり、それを実現するのに最適な評価機関を価格だけでなく、違う要素も含めて決定したいるということです。

千葉県福祉サービス第三者評価の疑問、質問、問い合わせの説明は、どの評価機関も無料です。

下記をクリックして下さい。↓↓↓第三者評価について問い合わせが直ぐにできます。
問い合わせフォーム

いくつかの評価機関に電話やメールで問い合わせて見ることが大切です。

あいまいな対応、あいまいな表現、あいまいな態度は、あいまいな評価を行いかねないかもしれません。

出来ることであれば、評価機関の第三者評価調査員と直接お話しすることが良いでしょう。

第三者評価の評価料金の目安として30万円~50万円は考えておいた方がよろしいかもしれません。
7月現在では、6万から20万円の幅がサービスごとにあるようです。
千葉県では、情報の公表とセット受審を勧めていますので、そちらの料金を確かめてから受審することも良いと思います。

しかし、しっかりと費用対効果のある評価機関を選択し、サービスの質の向上を目的に納得いく判断をしてください。

第三者評価に関する疑問、質問、問い合わせに対しては、第三者評価機関 コミュニティケア研究所所属、第三者評価調査員養成講座講師の伊集院昭彦が直接お応えします。

下記をクリックして下さい。↓↓↓第三者評価について問い合わせが直ぐにできます。
問い合わせフォーム

詳細はこちらからメール差し上げます。

メール問い合せ info@cnsi.co.jp
電話問い合せ  043-223-6577
FAX問い合せ   043-223-6578
サイト運営会社 株式会社CNS 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。