第三者評価/CNS第三者評価推進室 【東京都福祉サービス第三者評価機関】

第三者評価研究所の事務局であるCNSが東京都の第三者評価機関となりました。効果的な評価を実施します。保育園、障害(入所、通所)、高齢,介護施設など気軽にお問い合わせください。info@cnsi.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第三者評価と介護サービス情報公表調査のセット受審の標準的な調査の手法と流れ

第三者評価受審を希望する場合は、介護サービス情報公表調査と同時に受審(セット受審)することができます。

第三者評価と介護サービス情報公表調査のセット受審の
標準的な調査の手法と流れ


●ご契約およびご説明
  
  セット受審のお申し込み先は、千葉県評価推進室です。お申し込みを戴きましたら、コミュニティケア研究所より、契約書やより詳細な説明文書をお送りいたします。

●訪問調査日の2週間前までに

自己評価票等、事前提出資料を準備し、評価機関宛に送付。
利用者(家族)アンケートを配布する。
利用者(家族)に個人情報閲覧の同意を取る。

●訪問調査当日
  
  2名ないし3名の調査員が訪問調査に伺い、ヒアリング、資料閲覧、事業所内視察等
を行います。
居宅系介護サービス事業所の場合は概ね10時から3時まで、施設系介護サービス事業
所は概ね10時から5時くらいかけて、調査を行います。施設系介護サービスの場合は、
入居者の方と同じ昼食を調査員も頂きますので、ご用意をお願いいたします。

●訪問調査後
  
  概ね1ヶ月から2ヶ月で、調査報告書を作成し、送付します。報告書は、介護サービ
ス情報の公表の調査票と第三者評価の報告書の2種類を作成します。
報告書の内容に異議がある場合は、異議申立てをして頂き、修正を行います。

●調査手数料のご請求および情報公表

報告書の内容に異議がなく、調査手数料をお振込み頂きましたら、情報公表を行います。公表は、介護サービス情報の公表・千葉県福祉サービス第三者評価の両方です。
スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。