第三者評価/CNS第三者評価推進室 【東京都福祉サービス第三者評価機関】

第三者評価研究所の事務局であるCNSが東京都の第三者評価機関となりました。効果的な評価を実施します。保育園、障害(入所、通所)、高齢,介護施設など気軽にお問い合わせください。info@cnsi.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京都福祉サービス第三者評価 地域密着型サービスとは?

東京都福祉サービス第三者評価 地域密着型サービスとは?

地域密着型サービスとは?
要介護度1~5と判定された方が介護保険で受けられるサービスの1つで、「地域密着型サービス」は、平成18年4月の介護保険制度改正に伴って導入されたサービスです。


6地域密着型サービスには6種類のサービスがあります。

1.小規模多機能型居宅介護
利用者の住み慣れた地域で、主に通所によるサービスを提供します。適宜、スタッフが利用者宅を訪問するほか、利用者が宿泊することもできます。訪問や宿泊サービスは、通所でなじみのあるスタッフにより提供されます。利用料は1ヶ月単位の定額料金で、利用できる事業所は1カ所のみ。単独で運営されるほか、グループホームなどに併設され、併設施設の設備、スタッフと一体的にサービスを提供する事業所もあります。

2.夜間対応型訪問介護
夜間の定期的な巡回による訪問介護サービスに加え、随時利用者の求めに応じて訪問介護サービス、利用者の通報に応じて調整・対応するオペレーションサービスを提供します。ちなみに、利用者が援助を必要とする状態となったときに、簡単に通報できるケアコール端末が事前に配布されています。

3.認知症対応型共同生活介護(グループホーム)
認知症高齢者が家庭的な雰囲気の中、5~9人で共同生活をおくりながら、日常生活の介護を受けます。居室、居間、食堂、浴室などを備え、利用者がそれぞれ役割をもって家事をするなどして、認知症の症状の進行を緩和し、安心して日常生活が送れるようします。

4.認知症対応型通所介護(認知症対応型デイサービス)
認知症の方を対象とした通所介護(デイサービス)。特別養護老人ホーム、認知症の方のグループホームなどの共有スペースなどを活用し、通所介護が行われます。数名程度の少人数で家庭的な雰囲気のなか、通所により昼間の数時間を入浴や食事介助、リハビリやレクリエーションなどをして過ごします。利用者にとっては、家族以外の方との交流の場、憩いの場となり、家族にとっては介護負担の軽減につながります。

5.地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護
定員29人以下の小規模で運営される介護老人福祉施設です。少人数の入居者に対し、介護老人福祉施設と同様な施設サービスが提供されます。

6.地域密着型特定施設入居者生活介護
定員29人以下の小規模で運営される有料老人ホームです。少人数の入居者に対し、特定施設入居者生活介護と同様のサービスが提供されます。


地域密着サービスは、都道府県知事の指定(許可)を受ける介護保険施設とは違い、市町村ごとにサービス提供事業者が指定され、可能な限り住み慣れた自宅や地域で生活できるよう柔軟なサービスが提供されます。

介護保険制度の保険者である市町村がサービス提供事業者を指定できるメリットは、

・地域に必要なサービスを整備しやすい。
・保険者である市町村がサービス提供事業者を指定するということは、自ずと利用対象者は市町村に介護保険料を納める被保険者なので、自分の納めたお金でサービスを受けられるとい分かりやすさがあります。
・運営基準の設定がが地域に合った形でできます。
・サービス費の変更(国の基準より引き下げる)が柔軟にできます。

CNS評価推進室は、第三者評価の受審にかかわらず事業所の質の向上のためには、どんな相談も受け付けています。
気軽に連絡いただければと思っています。

電話 043-205-6651
FAX 043-205-6652
お問い合わせはこちらから、丁寧にお答えいたします。赤い字をクリックしてください。CNSお問い合わせフォームが開きます。

同じ評価機関の継続受審の効果が発揮できない。
評価者によって評価の質のバラつきがある。
もう少し丁寧に現場や努力をしっかりと見てほしい。
などのご意見等にしっかりとお答えします。

よろしくお願いします。



スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。