第三者評価/CNS第三者評価推進室 【東京都福祉サービス第三者評価機関】

第三者評価研究所の事務局であるCNSが東京都の第三者評価機関となりました。効果的な評価を実施します。保育園、障害(入所、通所)、高齢,介護施設など気軽にお問い合わせください。info@cnsi.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保育所の効果的第三者評価受審方法説明会

この度、第三者評価の効果的受審方法についての説明会を開催しますのでご案内申し上げます。内容につきましては、福祉サービスの質を向上するために必要な“成功の鍵”となる自己評価や職員の動機づけ方法などを説明します。また、個別相談では個別の課題解決手段としての第三者評価受審方法など、契約から結果報告までのプロセスを細かく分け、その段階別の目的やその効果を紹介いたします。

保育所の場合は、子どもの生活環境の変化 (人と関わる経験の不足、生活リズムの乱れなど)や保護者の子育て環境の変化 (不安や悩みを抱える保護者の増加、養育力の低下など)を背景に、質の高い養護や教育の機能や子どもの保育とともに、保護者に対する支援を担う役割など保育所に期待される役割が深化・拡大してきています。

改定保育所保育指針の第1章をふまえて、保育所の理念・方針・目標を明確化し、そこに向かって組織の力を発揮するために、その保育所の強み・弱みの把握、質を高めるための仕組み作りが行われていると思います。

また、第4章における「保育の計画」の部分である保育課程の策定は(良し悪しはともかく)ほとんどのところで済んでいる状況で、これからは、それをどうやって評価していくのか、という事が今後の課題となってくるのではないでしょうか。

保育の内容等(保育士等の自己評価や保育所の自己評価)の自己評価は、自己の成長のために行うもので、既存の評価項目ごとに「できている」「できていない」を保育士に列挙させ、反省点を上げるだけのものではありません。子どのものために保育の内容等を評価することで保育士一人ひとりが“動機づけ”されなければ、自己評価は逆効果になってしまいます。

平成21年3月に厚生労働省から出された「保育所における自己評価ガイドライン」では、4か月に1度の自己評価と1年に1度の第三者評価を推奨しています。

この説明会は単なる評価制度の説明ではなく、福祉サービスの質の向上を図れる内容としています。第三者評価の受審有無に関係なく、サービスの質の向上を図るための研修と位置付けてご参加いただければと思います。

是非第三者評価の普及及び福祉サービスの質の向上を図るために、関係部署等にこの説明会の周知について特段の御配慮を賜りますよう何卒よろしくお願いいたします。

CNS評価推進室は、第三者評価の受審にかかわらず事業所の質の向上のためには、どんな相談も受け付けています。
気軽に連絡いただければと思っています。

電話 043-205-6651
FAX 043-205-6652
お問い合わせはこちらから、丁寧にお答えいたします。赤い字をクリックしてください。CNSお問い合わせフォームが開きます。

同じ評価機関の継続受審の効果が発揮できない。
評価者によって評価の質のバラつきがある。
もう少し丁寧に現場や努力をしっかりと見てほしい。
などのご意見等にしっかりとお答えします。

よろしくお願いします。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cns16.blog88.fc2.com/tb.php/105-6fa94796
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。