第三者評価/CNS第三者評価推進室 【東京都福祉サービス第三者評価機関】

第三者評価研究所の事務局であるCNSが東京都の第三者評価機関となりました。効果的な評価を実施します。保育園、障害(入所、通所)、高齢,介護施設など気軽にお問い合わせください。info@cnsi.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福祉サービスの質を向上するために必要な“成功の鍵”とは?

当評価機関は、福祉サービスの質を向上するために必要な“成功の鍵”となる職員の動機づけ方法などを第三者評価プロセスの中で伝えていきます。
第三者評価の目的には、福祉サービスの質の向上と情報の公表によりサービスの選択に資するという2つの目的があります。
「利用者のニーズを的確に捉えた良質なサービスと権利擁護への配慮が高い事業所」という一般的で、絵にかいたモチのような評価ではなく、第三者の視点から強みを活かし、弱みを克服するような表現で、職員自らが「気づける」機会となるのが効果的な第三者評価のプロセスです。このプロセスで職員を動機づけ、事業所の特徴あるサービスを自覚し、利用者満足を向上させていくことが可能となります。
限られた経営資源を環境変化に適切に対応しながら利用者本位を実現しようとする取り組みや仕組みを評価していきます。決して順位付けや悪いところを指摘するようなものではありません。あくまでもサービスの質の向上を目的とし、パートナーとして第三者評価のプロセスを共に歩んでいきます。

打ち合わせ時や職員説明会等で、下記内容を分かりやすく説明し、問題解決しています。
1.自己評価の効果的活用方法
自己評価(第三者評価)の目的とは?
誰のための評価か?
何のための評価か?
目的達成のために、自己評価を効果的に活用する方法とは?
なぜ課題はいつもコミュニケーションと人材育成?
評価の視点とは?

2.第三者評価(自己評価)で職員を動機づけられているのか?
動機づけられないとしたらどうしてなのか?
・評価者のレベルで決定づけられる職員の動機づけについて。
・評価者を選ぶことができたか?

3.同じ評価機関の継続受審の効果が発揮できない。
・評価手法や同じ評価者で形骸化している。
・A評価であっても気づきのある評価プロセスとっていない。
・評価者によって評価の質のバラつきがある。
・もう少し丁寧に現場や努力をしっかりと見てほしい。

このような問題を解決して、第三者評価の効果を最大化します。

CNS評価推進室は、今年度評価にかかわる人材は、事業所の質の向上を上げるためのプロフェショナルコンサルタントや動機づけのプロフェショナルコーチが担当します。

インフルエンザ対策では、同居人もしくはかかわった人などに感染者がいた場合は1週間の自宅待機をお願いしています。

安心と安全のもとで調査に伺います。

気軽に連絡いただければと思っています。

電話 043-205-6651
FAX 043-205-6652
お問い合わせはこちらから、丁寧にお答えいたします。赤い字をクリックしてください。CNSお問い合わせフォームが開きます。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
理念 ソーシャルインクルージョン「善き社会のために」
第三者評価推進室 Our Vision 
第三者評価を通じて利用者本位の福祉社会の実現に貢献する
株式会社CNS【認証評価機関 認証番号 機構09-188】
代表取締役経営コンサルタント 伊集院昭彦
MAIL: ijuin@cnsi.co.jp
〒267-0066
千葉県千葉市緑区あすみが丘1-9-21
TEL : 043-205-6651  FAX : 043-205-6651
株式会社CNSホームページ http://www.cnsi.co.jp/
第三者評価推進室ブログhttp://cns16.blog88.fc2.com/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cns16.blog88.fc2.com/tb.php/115-be8e68fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。