第三者評価/CNS第三者評価推進室 【東京都福祉サービス第三者評価機関】

第三者評価研究所の事務局であるCNSが東京都の第三者評価機関となりました。効果的な評価を実施します。保育園、障害(入所、通所)、高齢,介護施設など気軽にお問い合わせください。info@cnsi.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第三者評価 評価者プロファイル (この評価者が必ず評価します。)

東京都福祉サービス第三者評価 評価者プロファイル

伊集院昭彦(いじゅういんあきひこ)
株式会社CNS 代表取締役
Tarleton State University 大学院卒MBA取得(アメリカテキサス州)

上場企業の営業部長、経営コンサルタントを経て、人づくり大学“JINGAKU”主宰、株式会社CNS代表取締役。東京都、神奈川県、千葉県福祉サービス第三者評価調査員・養成研修講師、情報の公表調査員養成講師、産学官連携プロジェクト終末期ケアシステムの開発・普及。医療福祉分野の経営コンサルティング、気づきを与えるリーダーシップ研修等を行っている。研修の特徴は、好調な業績を維持する一般企業が行っているマネジメント手法を医療の現場に応用し、組織の成果を上げ、職員の成長を促すものである。参加者各人が実際に仕事の現場で使える思考の習慣、言葉の習慣、行動の習慣にフォーカスしたグループワーク体験型で「直ぐに使える」臨場感溢れたものを意識している。( 株式会社CNSホームページhttp://www.cnsi.co.jp

法人概要
株式会社CNS(Care&Nurse Support・Seminar・Solutionの頭文字):東京都福祉サービス第三者評価機関
設立年月日2005年12月16日
経営理念 ソーシャルインクルージョン「善き社会のために」
経営哲学 四書五経の「大学」
事業領域 医療福祉分野のサービスの質の向上にかかわる教育と雇用に特化した領域

事業概要
Care & Nurse Support
看護・介護に特化した終末期ケア事業
産学官連携推進プロジェクトとして、国際医療福祉大学の島内教授と終末期ケアの標準化プログラムを共同開発し、事業化段階には千葉市産業振興財団と連携した在宅ターミナルケア事業である。インターネットが繋がる環境があれば本人と家族、そして医師と看護師が同じ情報のもとで最適な終末期ケアを実施できるシステム(エンド・オブ・ライフケア・システム)で、本人希望である住み慣れた環境で、最後を迎えられるように支援している。

Care & Nurse Seminar
医療福祉分野に特化した人材育成・教育事業
どんなに仕事を整理整頓し、効率的に行えるようにしたって、実際に現場で仕事をするのは職員だから、職員重視、職員の“心”にフォーカスした組織運営を意識することが管理者に求められる。CNSの理念“ソーシャルインクルージョン「善き社会のために」”を実践するために、最も影響力のある医療福祉分野のリーダーを育成する人材育成・教育事業を積極的に進めている。

Care & Nurse Solution
高齢者・障がい者の雇用創出事業
障害者自立支援調査研究プロジェクト「利用者本位の公平で公正な就労移行支援サービスのあり方に関する研究」やアクティブシニア(団塊世代などの子育て支援事業への参加など)や障がい者の就労支援事業などを行っている。
CNSサービスコンセプトとして、【利益の30%は、障がい者、高齢者雇用促進事業などに投資する。】と掲げている。

経営コンサルティング事業
民間企業及び登録型事業者の組織運営コンサルティングやIT(SEO対策)コンサルティングなどを手掛けている。
第三者評価事業・東京都福祉サービス第三者評価機関
東京都、千葉県、神奈川県の評価者として、第三者評価を行っている。情報の公表調査員としての活動を含めると年間100事業所の調査にかかわってきた。千葉県の第三者評価調査員養成研修(年2回)、情報の公表調査員養成研修(年1回)、フォローアップ研修(年2回)の講師を2006年より継続して行っている。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cns16.blog88.fc2.com/tb.php/120-e47060ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。