第三者評価/CNS第三者評価推進室 【東京都福祉サービス第三者評価機関】

第三者評価研究所の事務局であるCNSが東京都の第三者評価機関となりました。効果的な評価を実施します。保育園、障害(入所、通所)、高齢,介護施設など気軽にお問い合わせください。info@cnsi.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訪問調査で有効なタイプ別コミュニケーションセミナー

保護者の誤解や職員の不満を取り除くタイプ別コミュニケーションセミナー

タイプ別コミュニケーションセミナーは、行動分析、心理分析、神経言語分析を応用した科学的に立証されたツールを活用したセミナーです。

現場での仕事への関わり方、意見や手順の違い、問題解決方法の相違は、職場では時としてサービスの質の低下や人間関係を阻害する要因になります。

そこでタイプ別コミュニケーションセミナーでは、自分の行動が部下などに与えるインパクトを理解し、自分とは異なるコミュニケーションのスタイルや動機・欲求に対し、どう係わっていくかを学んで行きます。

また、利用者や利用者家族のさまざまなニーズを理解し、より良い係わり方を知ることで、利用者や利用者家族との強力な関係を築くことが可能になります。

チームでは、メンバーそれぞれが、チームにとって大きな力となる異なる特性を持っていることを認識し、それぞれに合ったコミュニケーション方法を学ぶことによって、より良い人間関係をつくることができます。職員一人ひとりが利用者本位を真っ直ぐに考えられるチームになります。

今回のセミナーでは行動に着目します。

人は、人を判断する時、目に見えている言動で判断しています。

誤解というのは、目に見えない相手の言動(心で起こっていること)について仮説(story)を立てたときに起こります。
この仮説(story)を書き換えることで内的変化が起こり、外的行動によって相手の内的変化を呼び起こすことができます。

例えば、リーダーのスタッフのタイプに合わせた振る舞いで、信頼を得るか、得ないかが決まっているのです。
タイプ別コミュニケーションでは、自分と他人の行動を理解します。さらには、他の人の動機・欲求を理解し、コミュニケーションのスタイルをその人に合ったものにすることを可能にしていきます。

福祉分野の課題の1つが、コミュニケーション、個別の人材育成、人材不足だと思います。

この解決策の切欠になりうる内容を提供します。

タイプ別の行動をビデオで視たり、参加者とBuddyWorkやGroupWorkを行いながら進めます。

8月6日13時~17時半Qぼーるで行います。

気軽に参加して下さい。

日時:8月6日土曜日 13時~17時半

場所:きぼーる15階会議室:千葉市中央区中央4-5-1 Qiball(きぼーる)

定員:24名

費用:3000円

参加申し込み方法

info@cnsi.co.jp 宛に下記内容を記載しメールするか、書式自由でFAXしてください。

【お問い合わせ先】 TEL:043-205-6651 携帯:090-9978-3890 MAIL:info@cnsi.co.jp

下記をご記入の上、043-205-6652までFAXして下さい。


伊集院から折り返し連絡させていただきます。

お会いできるのを楽しみにしています。
スポンサーサイト

テーマ:福祉のイベント - ジャンル:福祉・ボランティア

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cns16.blog88.fc2.com/tb.php/133-4c663c66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。