第三者評価/CNS第三者評価推進室 【東京都福祉サービス第三者評価機関】

第三者評価研究所の事務局であるCNSが東京都の第三者評価機関となりました。効果的な評価を実施します。保育園、障害(入所、通所)、高齢,介護施設など気軽にお問い合わせください。info@cnsi.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NLPコミュニケーション その3

第三者評価調査員に求められるインタビュー力(コミュニケーション能力)のヒントになるNLPコミュニケーション!
ぜひ参考にしてください。

NLPとは、人を理解するプロセスであり、成長を実感するプロセスでもあります。

「相手を理解したと思った瞬間に理解していない」という心理学者カールロジャースの言
葉にもあるように、相手を理解できることはできないが、相手の成長を信じ、相手に寄り
添う姿勢の中で、相手とのかかわりの中で、五感を通じて感じ、伝え合うプロセスで信頼
関係を構築していきます。

このプロセスが相手と自分を成長に導いてくれます。


◆Neuro(神経) 五感に基づく認識

人の認知行動は、すべて基本的に、視覚、聴覚、嗅覚、味覚、身体感覚という五感を通し
て行われています。(神経学的プロセス)

私たちは五感を通じてものごとを体験し、情報の意味を理解し、反応しています。
このプロセスを内省することで体感していきます。一人ではできないことをCNSでは支援し
ていきます。


◆Linguistic(言語) 言葉を使って

私たち人間は、五感から得られた情報をコード化し、意味を与えて思考や行動を順序立て
、言語を使って人と通じ合っています。

状況によっては、言葉は相手の心に深く入っていくことができ、行動や人生に大きく影響
を及ぼすことができます。

記憶に残る言葉を使い、心に残る行動をとることができ、相手のためが自分のためになる
ことを実感できます。


◆Programming (プログラミング) 変化させる

NLPは、望ましい結果(アウトカム)を得るために、私たちはすでにある今の認識を変える
(リ・プログラミングする)ことにより、思考や行動を変化させられる(豊かにすること
ができる)という前提を持っています。

人は自分で理解できる範囲でしか理解できません。その認識のフレームを豊かにすること
で無限の可能性に気づき、相手の成長を信じ行動を選択することができます。

これら3つの頭文字がNLP(Neuro-Linguistic Programming)です。

NLP無料研修/体験実施中!
興味があれば是非ご連絡ください。

info@cnsi.co.jp

伊集院昭彦

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
理念 ソーシャルインクルージョン「善き社会のために」
第三者評価推進室 Our Vision 
第三者評価を通じて利用者本位の福祉社会の実現に貢献する
株式会社CNS【東京都認証評価機関 認証番号 機構09-188】
代表取締役 伊集院昭彦
≪ ぷらちなカレッジ 代表 ≫
NPO法人はじめてのコーポレートユニバーシティ設立
≪ 人づくり大学 “JINGAKU” 主宰 ≫
人づくり大学の大学とは四書五経の『大学』を指しています
MAIL: ijuin@cnsi.co.jp
〒267-0066
千葉県千葉市緑区あすみが丘1-9-21
TEL : 043-205-6651  FAX : 043-205-6652
株式会社CNSホームページ http://www.cnsi.co.jp/
第三者評価推進室ブログhttp://cns16.blog88.fc2.com/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cns16.blog88.fc2.com/tb.php/140-bd663d67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。