第三者評価/CNS第三者評価推進室 【東京都福祉サービス第三者評価機関】

第三者評価研究所の事務局であるCNSが東京都の第三者評価機関となりました。効果的な評価を実施します。保育園、障害(入所、通所)、高齢,介護施設など気軽にお問い合わせください。info@cnsi.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~コミュニティケア研究所(CCI)5周年記念 シンポジウムとレセプションのご案内~

コミュニティケア研究所(CCI)5周年記念のシンポジウムとレセプションが3月21日(水)にあります。

第三者評価機関であり、私の所属しているコミュニティケア研究所(CCI)5周年記念のシンポジウム内容を紹介しますね。

見逃せない内容になってます、私も今からなら予定が立つので必ず参加しようと思っています。



~コミュニティケア研究所(CCI)5周年記念 シンポジウムとレセプションのご案内~


○コミュニティケア研究所は2007年2月に5周年を迎えます。

2002年2月に「生活クラブ生協・コミュニティケア研究所」が誕生、1年間の準備期間を経て2003年6月に「特定非営利活動法人」として認証されました。以来、生活クラブ生協・社会福祉法人生活クラブ・株式会社生活サポートクラブ・NPO生活クラブボランティア活動情報センターなどの生活クラブグループに支えられて、「地域コミュニティの形成」に努めてきました。また、全国を視野に地域福祉推進の諸事業を行ってまいりました。

○2007年は、生協にとって記念すべき年となります。

2007年は、生活クラブ生協30周年であるとともに、全国の生協にとっても記念すべき年になることが予想されます。ご存知のように、2007年の春の通常国会において、消費生活協同組合法(生協法)の改正法案が上程・審議される予定だからです。可決されれば、生協法の中に「福祉」が位置づけられることになります。生協及び生協を母体とする社会福祉法人・NPOなどは、福祉サービスの質の向上に寄与するとともに、地域福祉推進の重要な担い手として、これまでにも増して社会的要求に応えることが期待されることとなります。

○2007年3月21日に「シンポジウムとレセプション」を開催します。

コミュニティケア研究所は5周年記念シンポジウムとレセプションを3月21日に開催します。生協法改正をめぐる状況とその意義についてご講演いただくとともに、生活クラブグループでご活躍いただいている5人の方に登場いただき、到達点と社会的役割についてシンポジウムを行います。
また、シンポジウム後のレセプションでは、皆様方との懇親を深めたいと思っています。

ご多忙と存じますが、ご出席くださるよう心よりお願い申し上げます。
  
●期    日  2007年3月21日(水)
 開    会  午後1時30分
 シンポジウム  午後2時~午後4時30分
 レセプション  午後4時30分~午後6時  
    
●主    催  特定非営利活動法人コミュニティケア研究所(CCI)

●会    場  千葉県労働者福祉センター会議室(2階)
※住    所  千葉市中央区千葉港4-4

●定    員   150名

●参  加  費  シンポジウム: 500円
         レセプション:3000円

●申 込 方 法   FAX にて下記の申込内容を記入の上FAXでお申込ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     記


コミュニティケア研究所
5周年記念シンポジウム・レセプション

参 加 申 込 書

お名前

所属先

ご連絡先

電話番号


ご出席の場合に○印を記入ください。


シンポジウム      レセプション



FAX送付先 043-204-3307 (コミュニティケア研究所)



お申込先・問い合わせ先

コミュニティケア研究所
5周年記念シンポジウム・レセプション参加申込について

〒260-8790 千葉市中央区千葉港4-4 千葉県労働者福祉センター5階
TEL 043-204-3304 FAX 043-204-3307
メールアドレス info@npo-cci.jp


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


☆プログラム

〇 挨拶  池田 徹氏 (コミュニティケア研究所理事長)

○ 基調講演 
 
◇テーマ 生協法改正と地域福祉の担い手としての生協への期待
◇講 師 千田 透(ちだ とおる)氏 (厚生労働省地域福祉課課長補佐)
                     
生協の所管部署の課長補佐として、生協法改正の作業を陣頭指揮。生協法改正の
今日的意義を「福祉」の視点からお話いただくと共に、今後、社会的期待に応えて
「生協セクター」が果たすべき役割についてご講演いただきます。



○シンポジウム

◇テーマ 生活クラブグループの到達点と課題
―生協セクターは地域福祉の担い手となれるか―
◇シンポジスト
千田  透氏
池田  徹氏
新保  ちい子氏(生活クラブ生協理事長)
牧野  昌子氏(NPOちば市民活動・市民事業サポートクラブ代表理事)
佐々部 憲子氏(NPO生活クラブ・ボランティア活動情報センター理事長)
         
コーディネーター
北   昌司氏(コミュニティケア研究所所長)


●会場 千葉県労働者福祉センター(JR京葉線千葉みなと駅下車徒歩7分)
●駐車場がございませんので、公共の交通機関をご利用ください。

千葉県労働者福祉センター

〒260-0026 千葉市中央区千葉港4-4
JR京葉線 千葉みなと駅 徒歩7分
モノレール 市役所前駅 徒歩5分
スポンサーサイト

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cns16.blog88.fc2.com/tb.php/30-96197ef7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。