第三者評価/CNS第三者評価推進室 【東京都福祉サービス第三者評価機関】

第三者評価研究所の事務局であるCNSが東京都の第三者評価機関となりました。効果的な評価を実施します。保育園、障害(入所、通所)、高齢,介護施設など気軽にお問い合わせください。info@cnsi.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本初!在宅 END OF LIFE CAREシステムの紹介!

日本初!在宅 END OF LIFE CAREシステムの紹介!

在宅 END OF LIFE CARE の新軌軸
-エビデンスに基づく終末期ケアの標準化と質保証-
フォーラムのご案内
END OF LIFE CAREシステムURL:http://www.el-care.jp/

主催: 国際医療福祉大学 小田原保健医療学部看護学科/在宅地域ケア研究センター

 在宅での End of Life Care の質の向上をめざして、「がん患者」と「非がん患者」に区分し、経時的ニーズの変化に対するケアシステムを開発しました。限られた時間の充実と人生の価値が高められるには、どのようなケアが適切かを討論したいと思います。このシステムは、特許申請をし、インターネットや用紙でリアルタイムに、利用者のケアの優先度・評価が確認でき、また、パソコン上では集計も可能です。    
CNSURL:http://www.cnsi.co.jp/ 

■JR東京駅 八重洲北口改札口徒歩2分
      新幹線専用改札口(日本橋口)徒歩1分

■東京メトロ大手町駅 B7出入り口徒歩1分

しまのうち せつ
島 内  節  国際医療福祉大学小田原保健医療学部看護学科長。30年にわたり、在宅ケアの実践事例に基づいた研究をしています。今回、「在宅 END OFLIFE CARE の新軌軸」 と題して、エビデンス
に基づく終末期ケアの標準化と質保証について提案します。

どち くにひこ
土地 邦彦 先生 山梨県中央市で「(医)どちペインクリニック玉穂ふれあい診療所」を開業。ペインクリニク、緩和医療、漢方診療、在宅医療などの経験豊富な どち先生は、「すべての人は痛みから開放さ
れねばならない」「病よりもまず人を診る」をモットーに診療されております。

きしみつえ
岸 光江 先生 国立がんセンター東病院師長を経て、現在、千葉県看護協会もばら訪問看護ステーション所長。終末期看護における豊富なご経験をお話いただきます。

先着200名  ♪ テキスト、お茶、お菓子付き
会費3,000円(事前にお振り込み下さい)
千葉銀行 京成駅前支店 3479778 株式会社シーエヌエス

お問い合せ先 国際医療福祉大学 小田原保健医療学部 薬袋(みない) 淳子
TEL:0465-21-6683  E-mail:jminai@iuhw.ac.jp
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cns16.blog88.fc2.com/tb.php/37-bdd74971
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。