第三者評価/CNS第三者評価推進室 【東京都福祉サービス第三者評価機関】

第三者評価研究所の事務局であるCNSが東京都の第三者評価機関となりました。効果的な評価を実施します。保育園、障害(入所、通所)、高齢,介護施設など気軽にお問い合わせください。info@cnsi.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成20年度介護サービス情報公表事業の調査手数料改定

調査員の手数料は評価機関の対応により異なるが、
手数料が低くなることが考えられるが、これによって、
調査の質が下がることの無いようにする対応が必要である。

下記に調査機関に送られた内容である。




                                         健 指 第6408号
                                         平成20年3月25日

千葉県介護サービス情報公表
指定調査機関の代表者    様


                   千葉県健康福祉部健康福祉指導課長



  平成20年度介護サービス情報公表事業の円滑な運営に向けた準備について
 日頃から県の福祉行政にご協力頂きましてありがとうございます。
 さて、介護サービス情報公表事業における手数料については、使用料及び手数料条例(昭和31年千葉県条例第6号)の一部改正により、平成20年度以降調査手数料及び公表手数料の取り扱いが下記のとおりとなるので、お知らせします。
 貴調査機関におかれましては、平成20年度の円滑な調査事務の実施に向けて準備に遺漏のないようお願いします。
 なお、平成20年度追加予定のサービスの調査員研修及び事業説明会については、後日改めて連絡します。

1 調査手数料について
(1) 現行の一律40,000円が、4区分24,000円から33,000円までの改正となる。(詳細は別紙1のとおり)
 (2) 平成20年度追加予定のサービス分の調査手数料については、平成20年度調査票の構成(区分は別紙2のとおり)から追加手数料は設定しない予定である。(正式な取り扱いについては、平成20年6月定例県議会後において決定する予定。)
 (3) 改正後の調査手数料の適用については、平成20年度調査から適用となる。
     ただし、平成19年度調査対象事業所の事情等で平成20年4月1日以降、調査を行う場合は、従前の調査手数料(40,000円)が適用となるので注意すること。
2 公表手数料について
 (1) 現行の9,300円が、8,800円に改正となる。
 (2) 平成20年度追加予定のサービス分の公表手数料については、上記1(2)と同様の取り扱いとなる。
 (3) 改正後の公表手数料の適用については、上記1(3)と同様の取り扱いとなる。
     また、平成20年3月指定までの新規事業所の「基本情報」については、
     従前の公表手数料(9,300円)が適用となるので注意すること
スポンサーサイト

テーマ:福祉関連ニュース - ジャンル:福祉・ボランティア

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cns16.blog88.fc2.com/tb.php/55-bf0b0c2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。