第三者評価/CNS第三者評価推進室 【東京都福祉サービス第三者評価機関】

第三者評価研究所の事務局であるCNSが東京都の第三者評価機関となりました。効果的な評価を実施します。保育園、障害(入所、通所)、高齢,介護施設など気軽にお問い合わせください。info@cnsi.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第三者評価制度をどう活かすのか!

第三者評価制度をどう活かすのか!~利用者本位の福祉サービスの実現に向けて~

福祉サービスの第三者評価を受審しなくともこの制度を活かして「事業所サービスの質の向上を図ることが出来ます
そのために必要なことを支援します

お気軽にお問い合わせ下さい


「利用者本意の福祉サービス」とは、ご本人のペースや希望を把握して、その人らしい生活を提供するサービスである。

これを実現するために、福祉サービスにかかわる関係者は、利用者本人を中心に様々な人を巻き込み、日常の中で自然に生活できる環境を構築する努力が必要がある。

例えば、本人から直接聞き取ることができない場合は、ご家族や友人から話を伺ったり、生活歴や本人の何気ない話や行動から、本人の生活スタイル、ペース、嗜好、希望を把握する。

そして、そのプロセスが、本人の周りを巻き込み、その人らしい生活を自然にできる環境を構築すると考えられる。

個別ケアプランも、組織改善計画も、職員育成計画も、利用者中心にその人らしい生活をできるような環境を創ることを目的になされることが望ましく、そうすることで計画の実現性が高まる。

つまり、「利用者本意の福祉サービス」とは、答えはそのプロセスの中から生まれるのである。

だから、利用者中心に皆が考えられる人づくり、組織づくり、地域づくり、国づくりが必要になるということである。


問い合わせフォーム
詳細回答はこちらからメール差し上げます。





スポンサーサイト

テーマ:福祉サービスを知ろう - ジャンル:福祉・ボランティア

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cns16.blog88.fc2.com/tb.php/58-694eff12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。