第三者評価/CNS第三者評価推進室 【東京都福祉サービス第三者評価機関】

第三者評価研究所の事務局であるCNSが東京都の第三者評価機関となりました。効果的な評価を実施します。保育園、障害(入所、通所)、高齢,介護施設など気軽にお問い合わせください。info@cnsi.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第三者評価の費用 (助成額・助成割合)

東京都第三者評価の受審費用の助成は区によって異なるので
葛飾区を参考に示すとすると以下のようになる。

■助成対象

 区内に事業所を有し、次の福祉サービスを提供する事業者。ただし、区長が特に必要と認める場合は、この限りではない。

・ 高齢者訪問介護

・ 高齢者居宅介護支援

・ 高齢者通所介護

・ 高齢者短期入所生活介護

・ 認知症高齢者グループホーム 
(葛飾区内に3カ月以上住所を有する者の入居割合が80%以上(小数点以下は、四捨五入とする)であるものに限る)

・ 訪問入浴介護

・ 福祉用具貸与

・ 訪問看護

・ 介護老人保健施設

・ 特別養護老人ホーム(区が国庫補助を受けて整備したものに限る)

・ 特定施設入居者生活介護(有料老人ホーム・介護専用型ケアハウス) 
(葛飾区内に3カ月以上住所を有する者の入居割合が70%以上(小数点以 下は、四捨五入とする)である有料老人ホームに限る)

・ 軽費老人ホーム(ケアハウス)

・ 障害者居宅介護

・ 障害者短期入所

・ 児童デイサービス

・ 身体障害者小規模通所授産施設

・ 知的障害者小規模通所授産施設

・ 精神障害者小規模通所授産施設

・ 認証保育所


■助成額

サービス対象ごとに以下のとおり。ただし、区長が特に必要と認める場合は、この限りではない。

(1) 認知症高齢者グループホーム

評価受審費用の10分の10

(限度額は、1ユニット:45万円、2ユニット:50万円、3ユニット:55万円)

(2) 介護老人保健施設

評価受審費用の2分の1

(限度額は、定員数120人未満:35万円、定員数120人以上:40万円)

(3) 特別養護老人ホーム

評価受審費用の10分の10(限度額60万円)

(4) 認証保育所

評価受審費用の10分の10(限度額45万円)

(5) 上記以外のサービス

評価受審費用の2分の1(限度額15万円)

スポンサーサイト

テーマ:福祉サービスを知ろう - ジャンル:福祉・ボランティア

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cns16.blog88.fc2.com/tb.php/78-45bc731c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。